クリスティも使わなかったトリック アリンガム “Police at the Funeral”

 マージェリー・アリンガムはお気に入りの作家の一人なのだけれど、以前は紹介されている作品が極端に少なかった。それが、続々と翻訳が出るようになり、もはや未知の作家とは言えなくなったようである。
 アリンガムは様々なジャンルに挑戦した人でもあり、これまで紹介されてきた作品を見るだけでも、冒険物(『甘美なる危険』、『検屍官の領分』)、スパイ物(『反逆者の財布』)、風俗小説(『クロエへの挽歌』、『屍衣の流行』)、スリラー(『霧の中の虎』、『殺人者の街角』)など、その芸域の広さを感じ取ることができる。
 とはいえ、いわゆる「ビッグ4」(他の3人はクリスティ、セイヤーズ、マーシュ)の中でも、バラエティに富んでいる半面、かえって本格的な謎解き物にめぼしい物が少ない印象があり、我が国における人気もいまひとつ盛り上がりに欠けているように思える。
 彼女の作品の中で謎解き物といえば、『幽霊の死』や『判事への花束』が当てはまるように思えるが、プロット構成やトリックの独創性に重きを置いた作品とは言い難く、その点で高い評価を与える人は少ないだろう。
 ところが、アリンガムの作品の中には、とびきりの謎解きの古典が含まれているのである。それが、“Police at the Funeral”(1931)。(かつて『手をやく捜査網』という邦題で抄訳が出たことがあるらしい。) 探偵役はもちろんアルバート・キャンピオン。スタニスラス・オーツ警部が脇役を務める。

 事件は、ケンブリッジの旧家であるファラデー家のメンバーを次々と襲う謎の連続殺人。最初の犠牲者は同居の親戚アンドリューで、行方不明になったあと、頭を銃で撃たれ、手足を縛られた状態の死体となって川で発見。第二の犠牲者のジュリアは、朝飲む習慣のお茶に毒ニンジンを仕込まれて殺害。容疑者に浮上したウィリアムも何者かに襲われ、さらに、いとこのジョージも青酸を仕込まれたパイプを口にして毒殺・・・。

 ロバート・バーナードは、アガサ・クリスティを論じた“A Talent to Deceive”(邦訳『欺しの天才』秀文インターナショナル)の中でこんなことを書いている。
 「今日の作家が思いつく限りで、クリスティが用いなかったただ一つのバリエーションは、マージェリー・アリンガムの“Police at the Funeral”(1931)がベースとしているものだ。クリスティがこれを用いようとしなかったのは、模倣者よりは創造者でありたいという当然の思いからだろう。」
 さらに、「真相がそれまでの出来事の論理的で唯一可能なクライマックス」となるような「最も納得のいく探偵小説の解決」の例として、セイヤーズの『毒を食らわば』、クリスティの『五匹の子豚』と並んで挙げているのも、この作品である。
 実は同様の指摘をしているのはバーナードだけではない。ジム・ホァン編『書店のイチ押し! 海外ミステリ特選100』(早川書房)でも、“Police at the Funeral”は「ミステリのある伝統を完全に覆した驚くべき作品」(ディーン・ジェイムズ:白須清美訳)と呼ばれている。
 クリスティすら使わなかった独創的なトリックとは、一体どんなものなのか、本格謎解きファンならば興味をくすぐられるのは当然だろう。(個人的には国産ミステリをあまり読まないので確認できていないのだが、ある日本のミステリ作家の作品に同様のプロットを用いたものがあるようだ。もちろん、先駆はアリンガムのほうだが、その日本人作家がアリンガムのこの作品を事前に知っていたかどうかは分からない。)
 今日では入手困難なかつての邦訳がどのくらいオリジナルの魅力を再現しているのかは知らないが、大戦前のケンブリッジの雰囲気や個性的な人々が揃ったファラデー家の描写も印象深い。ファラデー家の家系図や邸宅「ソクラテス・クローズ」の見取り図も載せて背景に立体感を与え、興趣を添えている。なお、ウィリアム・ファラデーは、その後の作品にも名前が出てきたり、登場したりしている。
 アリンガムには、ほかにも、クイーンやクリスティが用いたトリックの先駆とされる(ジョン・カランも『アガサ・クリスティーの秘密ノート』[邦訳:早川文庫]で指摘している)“The White Cottage Mystery”(1928)や、ちょっとしたトリックが面白い“The Case of the Late Pig”(1937)のような佳作もあるが、残念ながら、いずれも翻訳は出ていない。これまで光の当たらなかった、アリンガムの謎解き作家としての力量を示す作品が紹介されることを期待したいものである。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示