フィリップ・マクドナルド “The Wraith”

 “The Wraith”(1931)は、アントニイ・ゲスリン大佐物の第6作。(5作目は『迷路』。邦訳は早川書房刊。)
 発表順としては6作目だが、語られる事件は『鑢(やすり)』以前の1920年に遡り、時系列としてはゲスリン最初の事件ということになる。ゲスリン夫妻のもとを訪れたトラーという友人が、これまで公になっていない事件を語ってほしいとゲスリンに懇請し、これに応じてゲスリンが語り出すという設定。ゲスリンが一人称で語る本文の合間に、時折、ゲスリンとトラーや妻ルーシアとの会話がイタリック体で挿入され、節目ごとに解説が施されるという構成になっている。

 当時のゲスリンは、ハイ・フェンという小村の下宿付き酒場に住み込み、第一次大戦で受けた足の傷も十分癒えておらず、遺産を相続する前で金もなく、売れる見込みのなさそうな本の執筆に精を出していた。
 ハイ・フェンには「フライデーズ」という屋敷があり、ジョン・マンクスという癌研究者が、妻のジョーンと助手のグリムズデイルと住んでいた。屋敷には、ジョーンのいとこ、アーサー・ニールスンと、彼女の兄、ウィリアム・ニールスンも同居していた。
 敷地の一画にある小屋は、アルフレート・ゲオルギウス・ヘストという人物が借りていたが、ヘストは大戦で重症を負い、左足に矯正靴、曲がった指を隠す手袋、プレートをはめ込んだ頭頂を隠す縁なし帽という痛々しい身なりで、たくさんの猫とひっそりと生活していた。
 ヘストの飼い猫が次々と惨殺されるという奇妙な事件が起きたあと、ゲスリンも夕食会の客として招かれていたある晩、屋敷の離れ屋でジョン・マンクスが射殺されているのが発見される。その後、ヘストが検死官宛にしたためた手記が見つかり、そこには、猫を殺した犯人がジョンと思い込み、恨みを晴らすために殺したが、ジョンの殺害後にも別の猫が殺されているのを見つけ、自分の間違いに気付いたという告白が書かれていた。
 ヘストは自殺をほのめかしていて、ゲスリンはラドック警部とともに、ヘストが自殺を図ったと思われる沼の縁まで山を登って赴くが、そこにはヘストの縁なし帽や矯正靴、アルパカのコートなどが置いてあるのが見つかる。その後、ウィリアムとアーサーの証言で、彼らが不審な様子のヘストのあとをつけていったことを知るが、彼らも沼の縁まで追いかけ、そこでヘストの姿を見失ったという・・・。

 タイトルは「幽霊」を意味するが、‘ghost’、‘apparition’、‘spook’など、もっと一般的な単語がほかにあるのに、‘wraith’という滅多に見ない単語を使っているのがまず気になる。実際、この作品でも、本文中でこの単語が出てくるのは、後にも先にもたった一度。だが、その一か所で、なぜこんなレア・ワードを敢えて使ったのか、作者に意図があったことがそれなりに理解できる。
 一人称の語りに会話をイタリックで挿入するという趣向に加え、第5章では、ゲスリンが自分の語りをまるで記述のように節に分けるという手の込んだ構成をとっている。しかし、この作品のプロットは、そんな構成上の趣向より、アリバイを組み合わせたフーダニットの工夫に眼目があると思われる。ただ、その工夫の構想自体はうまく組み立てられているのだが、現実視点で考えれば、どこまで実行可能性があるか疑問を抱かずにいられず、この作者によくあるパターンながら、思いつきのアイデアを十分練り上げないままプロットに組み込んだ感がある。
 作者自身もそれを自覚していたのか、ゲスリンが謎解きを説明する部分で、トラーが穴のありそうな点にしばしば鋭い突っ込みをし、ゲスリンがその穴を埋める説明を繰り返すはめになる。そんな風に取り繕えば取り繕うほど、付け焼刃のプロットだという印象がかえって強まってしまうのがつらいところだ。とはいうものの、そこまで厳しめにプロットの首尾一貫性を追求しさえしなければ、それなりに独創的で面白いアイデアであることは確かで、この作品を評価する向きがあるのも分からなくはない。
 なお、マンクス(Manx)にはマン島原産とされる尾のない猫の意もあり、タイトルや名前などの設定に作者の遊び心や意図が隠されているのも、この作品の趣向の一つといえるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示