ヘレン・ユースティス “The Horizontal Man”

 ヘレン・ユースティスの“The Horizontal Man”(1946)は、かつて創元社から『水平線の男』として邦訳されたらしいが、既に入手困難になって久しい。タイトルは、作品冒頭に掲げられたW・H・オーデンの詩からの引用。(ちなみに、オーデンは、ニコラス・ブレイクの探偵ナイジェル・ストレンジウェイズのモデルである。)

 ケヴィン・ボイルは、ホリーマウント・カレッジという女子大で詩を講じる若き英文学科助教授だったが、その魅力と手管で女学生たちと浮き名を流していた。
 ストーリーは、ケヴィンが殺人者と二人で大学の自室にいる場面から始まる。ケヴィンを愛する彼女は、いくらなだめられ、家に送ると言われても、ケヴィンは自分のものだと言い張り、聞く耳を持たない。
 ケヴィンはそこに明らかな狂気を察知して恐怖を覚え、機を見て部屋から逃れようとドアににじり寄るが、彼女はその様子を見逃さなかった。ドアに向かったとたん、彼女は火かき棒でケヴィンの後頭部を殴打し、ケヴィンは即死する・・・。

 探偵役を務めるのは学内誌の編集者で学生のケイト・イネス、新聞記者のジャック・ドネリーの二人だが、最終的に謎を解くのは精神科医のジュリアン・フォーストマン博士。
 ベスト表の類に出てくる有名作品でありながら、長期にわたって入手困難になっている作品なのだが、読んでみるとそれも分からなくはない。というのも、魅力的な冒頭場面にもかかわらず、その後は、教師や学生同士の漫然とした会話が続くばかりで展開に起伏がなく、退屈極まりないからだ。ボイルの死が、彼と関わり合った教職員や学生たちに波紋を広げていくさまを、そうしたやりとりを通じて掘り下げていこうとしたのかもしれないが、会話の大半は学内ゴシップのようなもので、緊張感とサスペンスを減退させるばかり。極端なことを言えば、真ん中をごっそりカットして三分の一以下に縮めても、支障がないどころか、かえって引き締まったプロットになるのではないかと思えるほどだ。
 上記探偵役のほか、性的奔放さを持つフレダ・クラム博士、マザコンに悩むジョージ・ハンガーフォード氏、ボイルに熱烈に入れ込む学生のモリー・モリスンなど、それぞれの登場人物はある程度個性的に描かれてはいるものの、要となる人物が欠けたまま進行していくため、なおのこと散漫に感じられる。
 中心となるプロットも、この作品以後、様々なバリエーションで繰り返し用いられてきたため、おそらく今さら紹介しても、ミステリを読み慣れた読者はほとんど新鮮さを感じないだろう。「真犯人の処理は巧みだが、今では当時ほど衝撃度は大きくない」とブルース・F・マーフィー(“The Encyclopedia of Murder and Mystery”)も述べているとおりだ。
 類似のプロットを用いた有名作品を確認してみると、ほとんどがこの作品以降に出たものであり、先駆的な意義はあると思うが、その多くは狭義の謎解き推理小説ではなく、サスペンスやサイコ・スリラーに属するものであることにも気づく。(マーガレット・ミラー、ロバート・ブロックといった)その分野の名手達にすれば、本作のプロット処理はきっと生煮えで、自分達なりのやり方で処理したいと思ったとしても不思議ではない。
 バーザンとテイラー(“A Book of Prefaces”)は、心理学を言葉で弄んだりしない犯罪小説の稀な例とし、その後の作家達も心理学的な手がかりをこの作品ほど広範に、自信をもって用いてはいないと称賛しているが、どうであろうか。確かに(B・A・パイクが本作の先駆としているマクロイの作品のように)同様のプロットを謎解きで用いる例では、どうしても心理学的な講釈が付いて回り、それがかえってサスペンスを減じる要因となる場合もあるかもしれない。しかし、この作品の場合、謎解きとしてもサスペンスとしても中途半端で、結局はどっちつかずの煮え切らない出来栄えに終わっている感がある。
 後続の作家達を触発したという意味では歴史的価値のある作品と言えるし、それが様々なベスト表に取り上げられる主な理由と思われるが、サイコ・スリラー物が盛んな中で同様のプロットが陳腐化してしまった今日、本作が読まれざる古典と化したのも無理はない気がする。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示