アンソニー・バウチャー “Nine Times Nine”

 アンソニー・バウチャーがH・H・ホームズ名義で書いた“Nine Times Nine”(1940)、“Rocket to the Morgue”(1942)の二作は、いずれも「ベタニヤのマルタ修道女会」に属するシスター・アーシュラを探偵役としたシリーズで、これら二長編のほかに三篇の短編がある。
 その第一作目である“Nine Times Nine”は、エドワード・D・ホックがMWAのアンソロジー『密室大集合』編纂の際に行った密室物長編の人気投票でも第9位に入るなど、密室物の古典の一つと見なされている。

 伝説の「さまよえるユダヤ人」を名乗るアハスヴェールは、現代のキリスト教を批判し、唯一の正しい福音は自分がチベットで発見した「アリマタヤのヨセフによる福音書」だと主張するカルト宗教団体、「光の子」教団の指導者だった。
 いんちきカルト宗教の研究で知られるウルフ・ハリガンは、「光の子」教団を糾弾する準備を進めていた。研究書ではなく、広く読まれる雑誌や新聞で告発したいと考えたウルフは、記者の経験のある青年マット・ダンカンに執筆の協力を求め、二人は「光の寺院」で開かれる教団の集会に偵察に出かける。その集会の場で、黄色いローブを身にまとったアハスヴェールは、信者たちとともに「九を九倍せよ」という呪いの祈りを唱え、公然とウルフ・ハリガンの死を予言する。(※新約聖書「マタイによる福音書」で、イエスが、人に対する赦しについて「七の七十倍までも赦しなさい」と語ったことになぞらえて、呪いの祈りを表現したものと思われる。)
 その翌日、マットは、ハリガン家の家族と邸の芝生でクローケー(ゲートボールの原型)を楽しんでいた。ウルフのいる書斎のフランス窓に照り返していた陽光が夕方になって陰ると、書斎の中の様子が見え、フード付きの黄色いローブをまとった男がウルフの机にかがみこんでいるのに気づく。
 マットたちは、フランス窓が施錠されていたのと、相手に気取られないようにするために、邸内のドアから書斎に入ろうと試みるが、やはり鍵がかかり中に入れない。再び外に出てフランス窓から中をのぞくと、ウルフは顔を撃たれて机のそばの床に倒れており、書斎にはほかに誰もいなかった・・・。

 “Locked Room Murders”のロバート・エイディは、「実にユニークな解決」と本作の密室トリックを称賛しているが、実際、用いられているトリックはシンプルで分かりやすいだけでなく、謎解きの歯切れよさも好印象だ。実行可能性に疑問を呈する向きもあるようだが、素人がにわか仕立てで実行できるかどうかはともかくも、プロのマジシャンならいかにも用いそうな手法で、工夫すれば決して無理な仕掛けではなさそうにも思える。(ディクスン・カーの作品にはもっと荒唐無稽な仕掛けがほかにたくさんあるとも言えそうだ。)
 エイディは、本書第14章で、マット、マーシャル警部補、その妻のレオーナの三人が繰り広げる密室の議論を「密室の解決法についての三番目に優れた議論」としている。一番は言うまでもなく、『三つの棺』第17章の「密室講義」、二番目はクレイトン・ロースンの『帽子から飛び出した死』第13章である。
 バウチャーは、作品の冒頭でジョン・ディクスン・カーへの献辞を掲げているが、この第14章の議論でもマーシャル警部補がカーへの称賛を口にし、『三つの棺』を引用して、「密室講義」での分類に即しながら事件を検討していく。さらに、レオーナが、カーとは異なる視点から密室を三つのカテゴリーに分類して議論を発展させていくのが面白い。
 カーへのオマージュと遊び心が横溢していて実に楽しく、かつて『密室の魔術師』という題で邦訳が雑誌掲載されたことがあるらしいが、埋もれさせてしまうには惜しい佳品である。
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示