オースティン・フリーマン ‘The Mandarin's Pearl’

 小林晋氏から“John Thorndyke’s Cases”収録の‘The Mandarin's Pearl’についてお問い合わせをいただいたので、この機会に、同短編がピアスン誌1909年6月号に掲載された際のH・M・ブロックによる挿絵を以下に掲載する。

(以下の記事を併せてご参照ください。)
http://fuhchin.blog27.fc2.com/blog-entry-18.html
http://fuhchin.blog27.fc2.com/blog-entry-21.html
 
 この短編は、“John Thorndyke’s Cases”収録作の中でも、唯一、フリーマンによるスケッチや写真が掲載されていない作品なのだが、作中には明らかにスケッチの存在を示す言及がある。おそらくは、雑誌版も単行本版も、ともに本来あったスケッチをとりこぼしてしまった不幸な例なのではないかと思う。出版から百年以上が経つ今となっては、どこかから出てくる可能性もまずなかろうと諦めている。
 なお、この作品の事件については、のちに“Helen Verdon's Confession”(1922)のクライマックスである法廷シーンにおいてソーンダイク博士が回想しながら引用している。



Mandarin's Pearl 1


Mandarin's Pearl 2


Mandarin's Pearl 3


Mandarin's Pearl 4
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示