ピーター・ゴドフリー ロルフ・ル・ルーの事件簿

 ピーター・ゴドフリーが創造したロルフ・ル・ルーは、異常心理学の学位を持つ弁護士で、パイプと顎鬚がトレードマーク。ケープタウン警察のディルク・ジュベール警部補(作品によっては警部)を甥にもち、捜査に協力しながら事件を解決する。レギュラー・メンバーにはほかに、ジュベール警部補の部下、ジョンスン部長刑事がいる。

 第一短編集“Death Under the Table”(1954:S. A. Scientific Publishing Co.)の収録作は以下のとおり。

 Leopard by Night
 Time Out of Mind    「空白の時間」(EQ1998年11月号) 
 The Fifth Dimension
 And Turn the Hour   「そして、ときは変わった」(ミステリマガジン2003年6月号)
 Out of This World    「この世の外から」(ミステリマガジン1988年12月号)
 Wanton Murder

 第二短編集“The Newtonian Egg and Other Cases of Rolf le Roux”(2001:Crippen & Landru)は、再録作品を除けば、以下の作品が新たに収録されている。

 The Newtonian Egg   「ニュートンの卵」(『密室大集合』早川書房)
 Kill and Tell
 Angel of Death
 The Face of the Sphinx
 Little Fat Man
 The Flung-Back Lid
 The Perfumes of Arabia

 “Death Under the Table”は、ゴドフリーの出身国、南アフリカで出版されたという経緯もあり、入手困難になっているが(私も南アフリカの古書店から入手した。過去の取引先の中では最遠隔か)、第二短編集に「空白の時間」、‘The Fifth Dimension’、「そして、ときは変わった」が再録され、容易に読めるようになった。(「この世の外から」は、‘The Flung-Back Lid’がその改稿版であることから、重複を避けるために省かれたのだろう。‘Leopard by Night’、‘Wanton Murder’の二篇は中編サイズのため、紙幅の関係から割愛されたのかもしれない。)
 それまでは、エドワード・D・ホック編『密室大集合』やダグラス・G・グリーン&ロバート・エイディ編の密室物アンソロジー“Death Locked In”(「この世の外から」収録)などの収録作品でしか身近に読めなかったため、ゴドフリーは、エドワード・D・ホックやジョゼフ・カミングズなどと同傾向の不可能犯罪物を得意とした短編作家とみなされがちだったようだ。
 しかし、実際に読んでみると、不可能犯罪を扱っている作品は一部にすぎないし、扱っている場合でも、その手のトリックを主眼としているわけではないことにも気づく。ル・ルーが異常心理学の学位を有するという点にも表れているが、ゴドフリーが得意としたのは、むしろ、犯行の動機や人間心理の特異性を要に据えたプロットだ。(といっても、ヘレン・マクロイのように専門知識を駆使しているわけではなく、もっと常識的な次元の心理分析だが。)
 「空白の時間」は、精神障害者の心理的こだわりが手がかりになっているし、「そして、ときは変わった」は、記憶喪失のメカニズムが鍵となっている。精神病院から逃亡した爆弾魔の爆発予告を描いた‘The Fifth Dimension’は、爆弾の隠し場所の面白さよりも、犯人の異常心理の解明から隠し場所が明らかになるプロセスが主眼だし、「ニュートンの卵」にしても、毒殺のトリックではなく、殺人の動機とその解明こそが大団円をなしている。
 ある作家の推理小説のプロットどおりに殺人が起こる‘Kill and Tell’は、某有名作品のフーダニットのプロットを再利用しているが、ここでも主眼は動機の解明にあるし、ドックで殺された警官の謎を描く‘Angel of Death’はクロスワードパズルからの連想に犯人の手がかりを設定し、猛犬を連れた黒人による連続襲撃事件が起きる‘The Face of the Sphinx’では、複数人の証言の一致にひそむ心理的不自然さを捉えている。
 アパルトヘイト時代の南アフリカが舞台となっているが、豹に襲われて殺された男の謎をめぐる‘Leopard by Night’などで描かれるケープタウンの土地柄や、‘oom’(叔父)、‘skolly’(黒人の暴漢)などの南アフリカ特有の語彙や表現に興味を惹かれることはあっても、アパルトヘイトに抗議する意図で書かれた‘The Face of the Sphinx’を除けば、人種差別や政治問題が前面に出ることはほとんどない。特殊な背景に制約されることなく、純粋にミステリとして楽しめるところにも好感が持てる。
 作品数こそ少ないが、アメリカの青年が行く先々で謎の男につきまとわれる‘Little Fat Man’をはじめ、考え抜かれたプロットが光る良質の作品が多く、なかなかの掘り出し物のシリーズといえる。なかでも、若い女性を狙った連続殺人を描く‘Wanton Murder’は、シリーズ最大のボリュームを持ち、ル・ルーによる心理分析の鋭さと意外な犯人、サスペンスを高める演出の巧みさなど、ゴドフリーの特徴が最もよく表れた佳作だ。
 余談だが、“Death Under the Table”のダスト・ジャケットの裏面にはゴドフリーの写真が載っていて、髭こそないものの、小太りで丸顔の紳士に、なんとなくロルフ・ル・ルーの面影を見てしまいそうになる。


Death under the Table
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

南アフリカ

これの元版をお持ちとはさすがですね(なかなか雰囲気のあるジャケット!)。以前、1回だけ出たのを見ましたが、すぐに売れてしまいました。元版だけに収録されている作品があるとは知らず、Crippen & Landru版で満足していました。ただ、南アフリカは送料が高くなるので、なかなか注文する気になれません。

 コメントありがとうございます。
 私自身はジャケットにそれほどこだわりはないのですが、そこに貴重な情報が含まれている場合も確かにありますよね。例えば、英ヘリテイジ社の『海のオベリスト』のジャケットには、キングが心理学を扱った推理小説を書くに当たって抱負を述べた出版社宛ての手紙が引用されていますし、フリーマンの“Mr. Polton Explains”のように著者自身がジャケットのデザインを手がけたものもあります。以前の記事にも書きましたが、そうした本文以外のところに込められた著者の思いが伝わってくるのも、なかなか興味深いと思っています。
プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示