実は戯曲版? 映画「ナイル殺人事件」

 ジョン・ギラーミン監督の映画「ナイル殺人事件」は、個人的には、シドニー・ルメット監督「オリエント急行殺人事件」と甲乙つけがたいほどのお気に入り映画です。もっとも、出演した俳優の豪華さでは引けを取らないものの、興行収入では「オリエント」のほうが圧倒的に上で、一般には「ナイル」はいささか分が悪いとみられがちですけどね。
 ルネ・クレール監督やピーター・コリンスン監督などの映画「そして誰もいなくなった」が戯曲版をベースにしていることは比較的知られています。他方、「ナイル殺人事件」や「死海殺人事件」(原作は『死との約束』だが、この映画の邦題はひどい)は、それぞれ小説版とプロットの異なる戯曲版がありますが、映画はいずれも小説版に基づいていると考えられています。
 なにしろ、どちらの戯曲版もポアロは登場しないので、戯曲版をそのまま用いると、肝心かなめの「スター」が不在になってしまいます。ポアロのいない『ナイルに死す』なんて、ピラミッドのないエジプトみたいなもの。とはいえ、『死との約束』戯曲版は、ぜひ視覚的に実現したものを観てみたいという気持ちはありますけどね。
 実際、映画「ナイル殺人事件」は、タイトル(小説版は“Death on the Nile”、戯曲版は“Murder on the Nile”)、登場人物、プロット、いずれも小説版をベースにしているように見えるのですが、よくよく確認すると、この映画には、実は戯曲版の「隠し味」が仕込んであるのです。それは、ポアロが容疑者を一堂に集め、謎解きを披露してみせるクライマックスのシーン。ここで、ピーター・ユスチノフ演じるポアロは、「ムラージュ・テスト(moulage test)」というものに言及します。小説版を読んでもこの言葉はどこにも出てきません。ところが、実は戯曲版に出てくるのです。(戯曲版で探偵役を務めるのはキャノン・ペネファーザーという人物。)
 あくまで推測ですが、これは、監督のジョン・ギラーミンではなく、脚本家のアントニー・シェーファーが仕込んだものではないでしょうか。なにしろ、ピーターとアントニーのシェーファー兄弟は、『衣装戸棚の女』や『ベヴァリー・クラブ』、“Withered Murder”のような探偵小説を書き、書評まで手掛けたほどの無類のミステリ・ファン。アントニーのほうは自らも舞台劇「スルース」で知られる人だけに、きっと、この映画の脚本作成に際しても、小説だけでなく、戯曲版にもきちんと当たったのでしょう。
 小説でのポアロは、謎解きを一部の登場人物に向けて解説してみせるだけであり、犯人に直接ぶつけて陥落させる手段として用いているわけではありません(少なくとも、そうした場面は描かれていない)。しかし、戯曲版では、ペネファーザーは犯人と直接対峙して謎解きを披露し、犯行を認めさせるわけです。
 シェーファーは映画としての見せ場を作るため、容疑者を一堂に集めての謎解きの場を設けたわけですが、そこで必要となる犯人との直接対峙の場面を肉付けするために、小説版にはない素材を戯曲版から借用してきたのではないでしょうか。
 そんなわけで、戯曲版には独自の面白さもあるのですが、優れたプロットの謎解きだけに、ポアロに花を持たせてやりたいと思うのはファンの心情。どちらを選ぶかと言われれば選択の余地はありません。しかも、小説版には、ポアロの数ある見せ場の中でも、特にお気に入りの場面があるんですよね。それは、ポアロが謎解きを始めるにあたって言うセリフ。

 ‘I like an audience, I must confess. I am vain, you see. I am puffed up with conceit. I like to say: “See how clever is Hercule Poirot!”’
 (私は聴き手がほしいんです。正直言えばね。そう、私は見栄はりですよ。うぬぼれていい気になっています。私はこう言ってやりたいのです。「見よ! エルキュール・ポアロの賢さを」とね。)

 (文庫の邦訳では「蛙のように」という余計な加筆も含めて、いまひとつ原文の持つ勢いが活きていない感じがしてしまうのですが、)いかにもポアロらしい得意げなセリフで、これに続く謎解きを知ったあとでは、なるほど恐れ入りました、と言いたい気持ちになってしまうところが憎いんですよね。

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

『アクロイド殺害事件』の叙述と翻訳:追記(注意:ネタバレあり)

 『アクロイド』既読の方は表示反転してお読みください。未読の方は読まずにスルーしてください。

 以前書いた記事は
http://fuhchin.blog27.fc2.com/blog-entry-61.html

 『アクロイド』の評価をめぐっては、ネットなどを見ていても、結末の意外性をめぐるフェア・アンフェア論だけでなく、「一人称推理小説」や「一人称の手記」という実体を伴わない抽象的な概念を前提にして、そこから「そもそも論」めいた思弁を展開する議論が意外に多いと感じる。そうした議論は、実体として存在する『アクロイド』という作品の具体的叙述に即して検討するのではなく、ただ、抽象物としての「一人称小説(手記)」を論じているだけではないかと思える場合がしばしばある(あるいは、そうした抽象的前提をテクストに読み込む議論も)。それは時として、もはや『アクロイド』という具体の作品とはほとんど無関係の議論のようにすら思える。
 曰く、一人称で書かれている以上、語り手が犯人であれば嘘を書いている可能性を排除できない。都合の悪い部分を書かずにすませているなら、どのみちアンフェア。さらには、『アクロイド』へのそうした批判を教訓とした発展形として書かれたのが『そして誰もいなくなった』である。一人称の手記である以上、嘘や省略があるのは当然であり、そのことに気づかない時点で著者の計略にはまっている等々。
 『アクロイド』は思弁の中で紡ぎ出された観念的な抽象物ではなく、実体を伴った作品なのだから、こうした議論がどこまで当たっているかは、神学論争のような抽象論議の応酬で結論が出るものではなく、むしろ、もう一度、作品の実際の中身や著者の発言に立ち返り、確認することを通じてその是非を判断すべきだろう。
 『アクロイド』第23章で、語り手から手記を見せられ、「率直な意見」を求められたポアロは次のように語る。

 ‘A very meticulous and accurate account,’ he said kindly. ‘You have recorded all the facts faithfully and exactly – though you have shown yourself becomingly reticent as to your own share in them.’

 この時点で、ポアロの口から、語り手の手記の性格は読者に明らかにされている。細心かつ正確に事実を記録しているが、語り手自身の関与については沈黙している、と。ほかならぬポアロがそう語れば、通常の読者はそれを正しい判断として受け入れるはずだ。その時点で、読者はこの手記の性格を知らされ、それを前提に考える手がかりを与えられているといえる。
 (そのポアロの発言すら、語り手が記録したものにすぎないから事実という保証はない、探偵が判断を誤るのもプロットとしてあり得る云々と主張する人もいるかもしれないが、そんな議論には、私としては苦笑して肩をすくめるだけで、これ以上踏み込むつもりはない。
 いささか脱線だが、この関連で、創元社の大久保康雄訳の問題点をもう一つ指摘しておく。
 第13章で、事件の日の朝に診察した患者について関心を持った理由を語り手がポアロに尋ねるやりとりが出てくる。ポアロの回答以下、原文では次のようになっている。

‘Only one of them, doctor. One of them.’
‘The last?’ I hazarded.
‘I find Miss Russell a study of the most interesting,’ he said evasively.

 ポアロが実際に関心を持っていたのは、まったく別の患者だったのだが、語り手がミス・ラッセルのことを示唆したのを受けて、ポアロははぐらかすように彼女の話題を口にするというのがこのくだりだ。ところが、大久保訳では、このポアロのセリフの意味を取り違え、「そうです」という原文にない言葉を加えている。‘evasive’の意味も捉え損なっているようだ。この訳では、ポアロはしゃあしゃあと嘘をついていることになる。)
 一人称で書かれた手記には嘘や省略が不可避という主張は、抽象的な「そもそも論」としては間違っているとは思わないが、以前例示したように、クリスティは、故意に嘘を書いていると受け取られないように細心の注意を払って表現や言葉を選んでいる。そして、上記のように、その手記の性格についても本文中で明らかにしている。この手の議論は、クリスティ女史のそうした意図と骨折り作業をどこまで理解しているのだろうか。
 そのことを意識しない翻訳が現に出回り、作品のプロットの本質を傷つけていることは、以前例示したとおりだ。翻訳者は「この語り手は省略することはあっても、嘘を書くことはない」という(ポアロが指摘した)点を頭に叩き込み、十分留意してかからなければ、オリジナルの特徴を活かした翻訳を実現することはできない。だが、一人称の手記だから嘘があっても当然という議論がまかり通れば(いくらそれが作品を批判することでなく擁護する趣旨の議論だとしても)、訳者は(読者も)そうした意識を持つだろうか。それどころか、従来の翻訳すら正しいかのような誤解を生むのではないだろうか。そうした議論がこれまでのような翻訳を助長してきたとまで言うつもりはないが、今後、叙述の両義性を細心に尊重した翻訳に改めていこうという動きを促すことには、少なくともつながらないだろう。
 さらに、クリスティ女史が叙述に細心の注意を払っていることを示して批判者に反論してきたと語っているのは、1953年のペンギン・ブックスの序文であることを想起してほしい。『そして誰もいなくなった』(1939)の出版後に、『アクロイド』における「技術的挑戦」を誇らしげに書いている著者が、『そして誰もいなくなった』を『アクロイド』への批判を教訓とした発展形と考えていたなどと想像できるだろうか。自由な推測という思弁を弄ぶのは個人の勝手だし、それを自分自身の評価付けとして提示するのも構わないが、あたかもそれが作者の意図でもあったかのように推測させる提示の仕方をするなら、誤解につながるリスクがあることも忘れてはならないだろう。
 発表以来、様々な議論を引き起こしてきたプロットの作品だけに、議論好きの人々を刺激してもきたし、それをネタにした哲学めいた思弁を展開する議論も不可避的に出現するのかもしれないが、抽象次元の議論で作品の性格を割り切ってしまう前に、もう一度作品本体に立ち返り、具体の叙述に即して(著者の意図を汲みながら)作品を評価してほしいものだと思う。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

アガサ・クリスティ 「ポアロとレガッタの謎」

 「ポアロとレガッタの謎」(‘Poirot and the Regatta Mystery’)は、ストランド誌1936年6月号に掲載されたポアロ物短編である(邦訳は「EQ」1994年5月号に掲載)。その後、パーカー・パイン物の短編「レガッタ・デーの事件」(‘The Regatta Mystery’)に改稿され、今日ではこちらのバージョンのほうが一般的に知られている。オリジナルのポアロ物のほうは、邦訳でもまだ単行本収録されていない。
 以下にアップするのは、初出誌のストランド誌に掲載された際の挿絵。イラスト画家はジャック・M・フォークス。



レガッタ1


レガッタ2


レガッタ3


 ストランド誌の表紙も、ローウェル・トーマス(「アラビアのロレンス」を世に知らしめたことで有名なジャーナリスト)によるルーズベルト大統領の取材記事を前面に出しているところが時代を感じさせる。
 なお、本編のオリジナル本文は、その後収録された単行本も入手困難となっているようだが、現在ではアマゾンのKindle Editionでも読めるようだ。



ストランド表紙

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

『ABC殺人事件』へのシモンズの序文

 『空のオベリスト』に続き、クリスティの『ABC殺人事件』にジュリアン・シモンズが寄せた序文も紹介しておこう。
 シモンズは、クリスティのベストを一ダース選ぶとすれば、おそらくその半数は1930年代の作品から選ばれるとし、特に、『そして誰もいなくなった』、『エンド・ハウスの怪事件』、『エッジウェア卿の死』、『オリエント急行の殺人』、『ナイルに死す』、『ひらいたトランプ』、そして、この『ABC殺人事件』をタイトルとして挙げている。
 “Bloody Murder”でも、1930年代の彼女の代表作として、やはり、『エンド・ハウスの怪事件』、『エッジウェア卿の死』、『ABC殺人事件』、『そして誰もいなくなった』を挙げているので、これらの作品がシモンズのお薦めであったことは疑いない。(ライリー&マカリスター編『ミステリ・ハンドブック アガサ・クリスティー』(原書房)に寄せた序文でも、1930年代の作品として、『エンド・ハウス』、『エッジウェア』、『ABC』、『雲をつかむ死』、『ナイル』、『そして誰も』を挙げている。この序文によれば、一番のお気に入りは『アクロイド』(1926年の作品)、次いで『そして誰も』だったようだ。)
 『エンド・ハウスの怪事件』などは、クリスティのベストとして挙げるには首を傾げる人も少なくないだろうが、シモンズは、トム・アダムスによるカバー・アートをまとめた“Agatha Christie The Art of Her Crimes”でも、同作について「私のお気に入りのクリスティ作品の一つだが、批評家からは概して過小評価されている」とコメントしていて、個人的に思い入れがある作品だったのだろう。
 そして、『ABC殺人事件』については、同書でも、「これぞ最高傑作の一つ、完璧な驚愕をもたらすプロット」と絶賛しており、どうやら、1930年代の作品としては、この作品がシモンズの一番のお気に入りだったと推測できる。
 記念復刊に寄せた序文に戻ると、シモンズに言わせれば、『ナイルに死す』には興味深く真実味のある登場人物が出てくるし、作者自身も(1953年のペンギン・ブックス版への著者序文で述べているように)主要な登場人物をそう評価しているのだが、『アクロイド殺害事件』を別にすれば、真に迫った登場人物が出てくる作品がプロットの優れた作品とは限らない。クリスティが他者の追随を許さないのはプロット構築においてこそであり、「『ABC殺人事件』はプロットの最高傑作である」としている。
 “Bloody Murder”では、謎解き推理小説の衰退と、人物造形や心理描写を重んじた犯罪小説の台頭を予言したシモンズだが、決して謎解きが嫌いだったわけでも、過小評価していたわけでもなく、優れたプロットを兼ね備えた謎解き作品には称賛を惜しまなかったし、個人的にも大いに楽しんでいたことが窺える。「リアリスティックな犯罪小説はいろいろあるが、『ABC殺人事件』はまったく毛色の違う作品であり、それも目覚ましい毛色を持った作品だ」という評価を見ると、ロバート・バーナードの『欺しの天才』にも似て、シモンズが謎解き推理小説を独自の意義を持つジャンルとして認めていたことも窺えるのである。
 これはあくまで私の個人的な見方(それも子どもの頃に読んだ印象)にすぎないのだが、『アクロイド』や『ナイル』などは、緻密さの点ではともかくも、手がかりとこれに基づく推論の展開がある程度は丁寧に論じられていたけれど、『ABC』は、サプライズ効果こそ大きいものの、その反面、「帽子からウサギ」式の直感的な謎解きという印象が強く、フェアプレイの視点では疑問を感じないでもなかった。
 しかし、シモンズに言わせると、『ABC』は「まさに論理的なファンタジー」であり、手がかりもページのいたるところにちりばめられているという。かつて読んだ作品も、時を経て読み直してみると、新たな魅力の発見があるかもしれないという予感を抱かせ、(以前の記事で論じたように)『アクロイド』を読み直すきっかけを与えてくれた思い出の序文でもある。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

CWA会員による投票結果――「過去最高の長編」は『アクロイド殺害事件』

 11月5日、ロンドンのチャリング・クロス・ロードにあるフォイルズ書店において、CWA(Crime Writers' Association:英国推理作家協会)の60周年記念式典が行われ、約600人のCWA会員の作家たちによる、「過去最高の長編」、「過去最高の作家」、「過去最高のシリーズ」の投票結果が発表された。その結果は以下のとおり。

 過去最高の長編    『アクロイド殺害事件』
 過去最高の作家    アガサ・クリスティ
 過去最高のシリーズ  シャーロック・ホームズ

 CWA会長のアリスン・ジョゼフは、クリスティを「その見事な精確さと完璧なツボの押さえ方のおかげで、いまなお最も人気のあるミステリ作家だ」と称賛した。

 私個人としても、この結果には100%同意。
 以前の記事でも書いたが、プロットの秀逸さで推理小説のベストを選べと言われれば、私も躊躇なく『アクロイド』を選ぶし、クリスティの作品とドイルのホームズ物は、少年時代の思い出も含めて、私にとってもかけがえのないシリーズだからだ。このたびの結果に惜しみない拍手を送りたい。

 なお、他のノミネート作品、作家等は以下のとおり。
 
 長編
  レジナルド・ヒル 『ベウラの頂』
  レイモンド・チャンドラー 『大いなる眠り』
  アーサー・コナン・ドイル 『バスカヴィル家の犬』
  ドロシー・L・セイヤーズ 『ナイン・テイラーズ』
  レイモンド・チャンドラー 『ロング・グッドバイ』
  アガサ・クリスティ 『オリエント急行の殺人』
  トマス・ハリス 『羊たちの沈黙』
  マーティン・クルーズ・スミス 『ゴーリキー・パーク』
  ウィルキー・コリンズ 『月長石』

 作家
  レイモンド・チャンドラー
  アーサー・コナン・ドイル
  レジナルド・ヒル
  ダシール・ハメット
  ドロシー・L・セイヤーズ
  エルモア・レナード
  ジョルジュ・シムノン
  P・D・ジェイムズ
  ルース・レンデル

 シリーズ
  アダム・ダルグリッシュ(P・D・ジェイムズ)
  ディーエルとパスコー(レジナルド・ヒル)
  エルキュール・ポアロ(アガサ・クリスティ)
  モース(コリン・デクスター)
  フィリップ・マーロウ(レイモンド・チャンドラー)
  ジョン・リーバス(イアン・ランキン)
  ピーター・ウィムジイ(ドロシー・L・セイヤーズ)
  アルバート・キャンピオン(マージェリー・アリンガム)

続きを読む

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

S・フチガミ

Author:S・フチガミ
お問い合わせ等は
fuhchin6491
(アットマーク)
hotmail.co.jp
へどうぞ

カテゴリ
フリーエリア
天気予報
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示